保険会社の提示に注意


示談交渉では慰謝料を含む示談金についての話し合いが行われるものの、保険会社からの提示は加害者が加入している補償内容となります。

自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準の3つの基準がある中で、自賠責基準が最も低い額になるのが基本です。

保険会社の提示に対してどのように思うかは人それぞれで異なるものの、少なくとも弁護士基準なら増額ができると認識しておいた方が良いでしょう。

どれぐらい肉体的や精神的に負担があるかどうかによって変わっていくものの、弁護士基準なら初めて適正をいえるだけの示談金の提示となります。

多くの方が弁護士費用を支払ってでも弁護士に依頼するのはこの弁護士基準という大きなプラス要素があるからです。

もちろん、保険会社との示談交渉や書類の処理などについても全て弁護士がしっかり対応してくれるため、安心して治療に専念ができるようになるでしょう。保険会社からの提示はあくまでも低い額である意識を強く持った方が良いといえます。

だからこそ、弁護士がサポートしてくれるのは大きなプラスになるといえるでしょう。弁護士は保険会社がどういった対応をしてくるのかをしっかり分かった上で、適切な対応ができる存在です。

合わせて読む:交通事故の示談